fx比較
田舎ぐらし最新topics
(07/17)「戸狩温泉お試し田舎暮らし体験寮」
(12/10)四万十で空き家を探す
(11/24)上越で格安戸建250万円に惹かれる!
(11/01)生活補助金を田舎暮らしの選択肢にする?群馬県南牧村 田舎暮らしお試し体験施設
(05/07)岐阜 藤橋温泉付き滞在型市民農園は滞在一週間で1万円!
(03/27)こせがれ塾の無料有料講座をチェックして農イノベーションを考える
(01/14)高校3年間は田舎体験を!
(11/30)週末林業で田舎暮らしの仕事を探る!
(11/06)ペレットストーブは田舎暮らしに最適か
(10/17)地域自給システムを学ぶ体験ツアー
(10/15)田舎暮らしは自給自足を基軸に考えるツアー  千葉県いすみの市
(09/24)古民家つき貸し農園 corotで人との交流まで体験する
(08/22)丹波篠山古民家再生プロジェクトのボランティアに参加して古民家を実感する
(08/07)四国で地域おこし協力隊として報酬をいただきながら田舎暮らしを考える
(08/04)格安に古民家をシェアして田舎暮らしを体験する!
(07/28)田舎暮らし希望者必見!田舎の恋愛と都会の恋愛の違い
(07/19)岐阜県身延町で空き家見学付きの田舎暮らし体験ツアー 締切り間近!
(07/05)世界の若者が集まる農家 大分県久重町
(06/20)ひょうご田舎暮らし臨時相談所
(06/02)愛媛県宇和島の田舎暮らし人気のワケ

◆◇田舎暮らし 人気都道府県ランキング*田舎暮らし体験ツアー◇◆
1位 三重県 田舎暮らし体験ツアー*ペンション/古民家/民宿
2位 兵庫県 田舎暮らし ホテル/民宿/旅館/山荘/ログハウス
3位 大分県 合掌造りの山荘
4位 長野県 田舎体験 移住した達人から直接話が聞ける!
★その他の 田舎暮らし体験ツアー /農業体験/プチ田舎暮らし/自炊プランetc

田舎暮らし
囲炉裏特集

田舎暮らしをさらに充実させてくれる、
田舎に暮らせなくても田舎を感じられるアイテムがここにあります

小ぶりなスターターズセット


好きな色に塗装でき移動もできる手づくり本格派

リビングにそのまま囲炉裏

便利な卓上囲炉裏

モダン囲炉裏

火鉢

桐のくりぬき火鉢
古材銀行
露天風呂 陶器の風呂釜
囲炉裏キット
火鉢
たぬきの置物
design by ともまお☆
2008.07.20

田舎暮らしは健康診断から?健康診断付きツアー

各旅行会社は、田舎暮らし体験型のツアーの企画販売が
盛んになってきました。

トップツアーはこのほど、北海道・十勝で田舎暮らしを体験する
ロングステイ型商品「北海道・十勝でちょっと暮らし体験」の販売を
開始。

かなりインパクトとのあるツアーで
★旅行前に、癌ドッグもある健康診断が付いている
★6泊から最長44泊までで7日目以降の宿泊が
  キャンピングカーレンタルやコテージ
  また、帯広市内のモデルハウス宿泊などの選択可
★移住希望の方には、市町村の職員が概要説明や生活関連施設の視察、不動産情報の提供もあります

大型のバカンス&田舎暮らし北海道移住を考える人には
良いかもしれません

07:32 | 千葉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.07.15

地域観光情報チキタビ★田舎暮らし

田舎暮らしを他子供たちに体験させる絶好の季節がやってきましたね

夏休みです!

最近では国を挙げての交流居住や二地域居住、
田舎暮らしへのサポート体制が、ぐんぐんと広がりつつあります。

各地域もまた、あらゆるイベントを主催して人を呼び込もうと盛んです。
そんな中、とても便利なサイトが

チキタビ

気になる地域でのイベントが、とても視覚的に感覚的に
探せます。しかもその件数が、100件単位で登録されていますので、
選ぶのに充分です。

例えば

【鳥取県>米子市】での伯耆古代の丘公園で手作り古代体験


[白鳳の里]での火おこし、埴輪・土器作り など
主催: 白鳳の里

テーマ: 工芸体験,手作り体験,歴史・文化体験
タイプ: 立ち寄り
タ グ: クラフト,埴輪,古代,染物,



国の史跡に指定された古墳公園で、
土器・はにわ・土笛作り、野焼き、火おこし体験など、
古代の生活が気軽に体験できるところが、楽しいですね。


地域を生かした特色のある体験プログラムを探してみたいです。

08:32 | 千葉 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.06.23

田舎暮らし体験★小豆島ヴィラ・ブルーベリー会員募集

会員型スローライフ体験プランが、人気を集めています。

会員制なので自分で初めからセットする必要が無く、旅行気分で
その土地や農業を楽しむことが出来ます。

小豆島ではヴィラ・ブルーベリー会員というのを募集しています。

小豆島ヴィラ別荘地の2000坪の敷地に栽培されたブルーベリー3000本をさらに増やす計画の下に、会員を募集

ブルーベリーを栽培しながら、リゾートを楽めるのがブルーベリー会員。

年会費10万(別荘所有者は5万)入会金不要。
年間6枚の当社1泊2食付無料宿泊券を提供し、
ブルーベリーの管理作業及び収穫作業をしながら
リゾートライフを楽しめるそうです。
収穫したブルーベリーの1/2はもちろん持って帰るのも可。

企画は自然派志向倶楽部という、不動産ですが、各地で
いろいろなイベントを行っています。
活用してみても良いかもしれません

http://www.slow-life.co.jp/shoudosima.html



タグ:田舎暮らし
08:39 | 千葉 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.05.28

田舎体験ツアーを福利厚生に追加

田舎体験ツアーを福利厚生に追加

日経新聞の1面に載っています。田舎暮らしが本格的に
国の方向として動き出していると言うことでしょうか。

以下http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080527AT3B2600P27052008.htmlより引用

田舎体験ツアーを福利厚生に追加
 6000企業・自治体が今夏に
 都市住民の移住促進などを目的に全国の企業、
自治体でつくる移住・交流推進機構は今年7―9月、
田舎で農業や漁業などを体験できるツアーを実施する。
約6000の企業、自治体の社員・職員とその家族が対象。
ツアーを福利厚生メニューに加え参加者を広く募る。
人口減に悩む地方への移住に結びつける狙いだ。

 福利厚生の代行を手掛けるJTBベネフィット(東京・江東)
ベネフィット・ワン、イーウェル(東京・千代田)と協力。

この3社が顧客としている約6000の企業、自治体の社員・職員を
対象に、田舎暮らし体験ツアーを展開する。

通常のツアーではなく、福利厚生の一環として位置付ければ参加者が集まりやすいと判断した。

**********************************

そのうちに、退職後に田舎に移住するための基金や
退職金割り増しみたいなものが、出てくるかもしれませんね・・
タグ:田舎暮らし
15:37 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.05.20

『福知山市 鬼の里Uターンプラザ1・2』の入所者を募集

田舎暮らしを体験してもらうための施設は、各地で増え続けていますね。
福知山市の大江地域への定住希望者のための体験宿泊施設
『鬼の里Uターンプラザ1・2』の入所者を募集二次募集しています。

『福知山市鬼の里Uターンプラザ1』
 ・所在地  福知山市大江町公庄425番地(公庄上)
        KTR宮福線「公庄駅」下車徒歩3分
 ・募集室数 2室(2LDK)
 ・使用料  1カ月 40,000円
 ・保証金  100,000円
 ・共益費  1カ月 1,000円

『福知山市鬼の里Uターンプラザ2』
 ・所在地  福知山市大江町波美208番地(波美)
        KTR宮福線「大江駅」下車徒歩10分
 ・募集室数 B棟:2室  
       (メゾネット式ロフト付 2LDK)
 ・使用料  1カ月 42,000円 
 ・保証金  100,000円
 ・共益費  1カ月 1,000円

************************************************


●入所条件/@大江地域への定住希望者 
A入所を希望する人の年齢がおおむね45歳以下の家族 
B秩序または風紀を乱さない人(入所に関して運営委員会の審査有)

●申請書配布/福知山市役所まちづくり推進課、三和支所、夜久野支所、大江支所)

●募集期間/平成20年5月21日(水)から平成20年5月30日(金)まで
土・日を除く)の午前8時30分から午後5時

●入所日/平成20年7月1日(火)

●申請方法/申請書に、入所を希望する人全員の住民票の写しまたは外国人登録原票記載事項証明書と所得を証明する書類を添付して、福知山市役所大江支所地域振興係に御持参(郵送不可)

●問い合わせ先/福知山市役所大江支所 地域振興係(電話0773-56-1102)

(6カ月更新・入所最高年限5年)
07:19 | 千葉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.05.01

田舎暮らし 徳島県三好市

ゴールデンウィークを利用して、田舎暮らしの情報集めに
お出かけになるかとも多いようですね。

徳島県三好市では、滞在型農園ほぼ完成し 県外からも見学相が次いでいます。

詳細徳島新聞

http://www.topics.or.jp/contents.html?m1=2&m2=&NB=CORENEWS&GI=Kennai&G=&ns=news_12094314194&v=&vm=1


滞在方市民農園とは一区画当たり百平方メートルの農園と木造平屋の宿泊施設四十二平方メートル、駐車場などを備えた計十一区画が整備されているほか、管理棟や農具倉庫、バーベキューができる共用休憩所も在る施設。、
定住促進を図る目的で、三好市三野町加茂野宮に建設を進めていました。

★貸与期間は最大五年で、契約は一年単位。
★料金は月五万円程度とする予定。

 。

 問い合わせは、ふるさと力<電0883(77)3452>。
タグ:田舎暮らし
14:41 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.04.22

田舎暮らし体験★宮城県

田舎暮らしの情報不足や不安を解消するための
田舎暮らし体験は、各地で行われるようになりましたね。
比較的低料金で農作業他いろいろな体験が出来るツアーが
人気のようです。

宮城県大崎市でも団塊世代向け田舎体験オーダーメードの「お試し滞在プラン」を企画し通年で受け入れを始めました。

同市鳴子温泉の二旅館と連携、温泉に泊まりながら、
農作業など田舎暮らしを満喫してもらう。

宿泊才は、鳴子温泉郷の「旅館大沼」か「宿みやま」

田植えや畑仕事、どぶろく造り、そば打ちなどお好みのメニューを
体験できます。
希望者には地元のボランティアガイドや住宅物件などを紹介。
「祭りに参加したい」「住民と交流したい」といった要望にも
オーダーメードで応じてくれるところが、人の手を感じ良いですね。

大人一人5000円(税込み)。朝夕食は別料金
宿の設備を使って自炊も可。

各体験メニューの材料費など別途。
ゴールデンウイークとお盆、年末年始の繁忙期を除き、
1年中受け付けしています。

0229(23)2129。

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/04/20080419t11042.htmより一部引用
2008.04.14

田舎暮らし体験型プログラム〜着旅〜

田舎暮らし体験型プログラムばかりを集め検索でキルサイト【着旅】が
JTBより出来ました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3564001/
「ツリーハウスづくり」や
「老舗の本格かつおぶし削り」
などその地域ならではの
魅力的なコンテンツが目白押し。

地域に埋もれていた全国の体験型のコンテンツを
JTBホームページで紹介し、地域活性化、地域への人の流れを促進しようとする狙い。

現在全国の体験プログラムが100以上登録。
今後GWや夏休みの需要期に向けてさらにプログラム登録を促進し2008年度中に1,000施設の登録を目指すそうです。

今までは、旅行する地域を決め、そこで行われている体験プログラムに
旅行時間内で体験すると言うのが、通常のパターンでしたが、

田舎暮らしを目指すこれからは、当然、
プログラムを検索→プログラムに合わせて行き先や日程を調整

というような旅のパターンが、メインになってきてもおかしくないですね。

プログラム事例:
★ガンコ山ツリーハウスヴィレッジ
 『ツリーハウス造り挑戦 ツリーハウスマスター』 エコ自然体験⇒キャンプ
★城山観光ホテル
『鹿児島名産 さつま揚げ作り体験と城山ブルワリー見聞(食事付)』 食体験⇒その他手作り食品
 
★株式会社にんべん
『鰹節削り体験&美味しいダシと削り節の試食』 食体験⇒その他手作り食品

着旅http://www.jtb.co.jp/kokunai/chakutabi/

16:00 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.04.08

田舎暮らし長期滞在施設★高松 セカンドステージオープン

田舎暮らし長期滞在施設★高松 セカンドステージオープン

先日お知らせしていた、田舎暮らし長期滞在施設が高松市塩江町の「セカンドステージ」
が、今月4日にオープンしました。

 滞在方施設セカンドステージは、農作業を体験しながら田舎暮らしを満喫する団塊世代向け長期滞在型体験宿泊施設で、
今後、田畑の整備など、滞在者に豊富な農作業を体験してもらう
ための仕組み作りに取り組み、
7月からは入居者の受け入れを開始する予定。

セカンドステージは、田舎暮らしの良さと、田舎暮らしの不便さを取り除いたような、生活が出来る施設です。

1996年から廃屋となっていたホテルを買い取り、
室内の改装や周辺の体験施設の整備をしてきました。

敷地は約3万2000平方メートル。
本館と別館の計65の客室を備える宿泊棟をはじめ、
菜園や牧場、クラフトハウスなどを完備。
滞在者は客室に「入居」した上で、
地域住民の指導を受けながら、
種まきから収穫までの作物栽培を体験。
自分の趣味に合わせて木工や陶芸、竹細工などを学ぶこともできます。

セカンドステージのブログを見ても判りますが、
旧ホテルゆえに施設は立派に見えますが、石釜の手作りなど、
地域住民によるこつこつとした手作り感が、
あちこちに感じられて、ほっとしますね。




15:09 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.04.02

八ヶ岳の田舎暮らし

八ヶ岳に抱かれた高原に広がる原村の田舎暮らし現地見学会です。

原村は、美しく豊かな四季が魅力で、都市からの移住や二地域居住の有力候補地になっています。

これは八ヶ岳の田舎ならではを感じてもらうため、それぞれの四季4回に
企画されています。 

春 :  5月30日(金)〜31日(土)からまつの芽吹き
     ※好評により参加枠わずか
夏 :  8月29日(金)〜30日(土)爽やかな高原の風
秋 : 10月24日(金)〜25日(土)八ヶ岳と紅葉
冬 :  2月27日(金)〜28日(土)冬場を体験する
2008.03.26

田舎暮らし体験☆ログハウス建築スクール☆京都

田舎暮らし体験もTVや書籍で、とても一般的になってきました。

普通の体験では、あまり目立たないのが現状です。
人を呼び込みたい地域としては、地域の特色を出しながら
さまざまな企画を立ち上げていますね。

ログハウス建築スクールなどもその1つです。

京都府府福知山市では 田舎暮らしやスローライフに興味のある人を
対象に一昨年4月から実施しているログハウス建築スクールを
今年も募集します。

今回募集するのは4期生で、スクールでは、チェーンソーの使い方からログハウス1棟(6m×5m)を完成させるまでの技術を身に付けます。
 
 講習期間は4月26日からログハウス1棟が完成するまで(約1年間)で、毎週土曜日に開講する。講習費用として7万5000円。チェーンソーは以外の一般の大工道具は持参。
 
 申し込みは4月1日から同20日まで。
田舎暮らし応援団おおえの櫻井さん=携帯電話090・1487・8568=へ。
 

17:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.03.25

田舎暮らし長期滞在方☆高松

田舎暮らし体験は、長期滞在方というのが、
弾痕世代に人気です。

そんな団塊世代をターゲットに、
農作業を体験しながら長期滞在できるホテルが高松にオープンします。

高松の高松の奥座敷と称される“塩江温泉郷”は、
環境省の「国民保養温泉地」にも指定された名湯で、
四季折々に移ろいゆく景色は美しく、ひなびた風情が人気のスポットです。ところが50年前に比べ人口が半減の3400人と悩み、

今回地元のNPO法人が経営破たんしたリゾートホテルを買い取り、
改装したもので名称「セカンドステージ」

 滞在者は、農家から土作りや肥料の与え方を教えてもらいながら
、白菜、トマト、イチゴなど季節の野菜、果物を栽培。
農機具は無料で借りることができ、陶芸や木工など趣味の教室も
開かれる。滞在は1か月からで期限はなしが嬉しい。
気に入れば、いつまででも入られると言うことでしょうか。

すでに問い合わせが300件以上と言う、人気振ぶりです。

気になる料金は 一ヶ月55000円から220000円まで。
選択範囲が広いのも人気の秘密でしょう。

詳しくは

http://npo-secondstage.com/
09:20 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.03.21

田舎暮らし体験★長崎県

長崎県の6つの市町では、
田舎暮らし体験施設を運営し、
移住希望者に、その地域での生活を体験していただく「お試し暮らし」を行っています。

おためし暮らしの最大のメリットを<お好きなときに手頃な費用で滞在できること。しかも滞在期間中は、地元市町の担当者による現地案内などのサポート付き>とはっきり、詠っているところが
飾りがなく好感が持てます。

田舎暮らしでなく、長崎に興味があるのでも良いと思います。

田舎暮らしに少しでも興味があるのなら、
半分旅行感覚でもよいのではないのでしょうか。
かしこく利用していきたいですね。

おためし暮らしの市町村
長崎市、壱岐市、五島市、西海市、雲仙市、新上五島町
※うち、壱岐市、五島市、西海市、雲仙市の田舎暮らし体験施設は、空き公舎(県職員住宅)を活用したもの

詳細http://www.pref.nagasaki.jp/inaka/
08:01 | 千葉 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.01.28

山梨県南巨摩郡早川町 体験イベント

ハーブの石けんとハーブ料理【2008年2月3日】

とっても穏やかで田舎暮らしのイメージそのものな
体験イベントの紹介です。

日時/2008年2月3日(日)10:00〜14:00
場所/交流促進センター(山梨県南巨摩郡早川町薬袋430)
※場所がお分かりにならない方は、お問い合わせ下さい。
参加費/大人(高校生以上)1,300円・小中学生700円・小学生未満無料
定員/20名
持ち物/エプロン
締切/1月31日(木)

■講師 
市原和代さん(早川町大島在住)
ハーブアドバイザー。早川町に引っ越してくる前に住んでいた静岡県掛川市で3年間、ハーブの会主催。ハーブの栽培から、ハーブを使った化粧品作り、ハーブ料理まで、あらゆる場面にハーブを取り入れた暮らしをしている。

■お問合せ・お申込み
やまだらけ編集部
電話 0556-45-2101
メール info@joryuken.net
10:49 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008.01.09

長崎県五島市田舎暮らし体験ツアー

長崎県五島市田舎暮らし体験ツアー

五島市は、早くから田舎暮らし体験ツアーを実施している自治体です。
すでに移住をされている方たちも多いですね。

今回の体験ツアーは4回目。
漁業体験や農業体験、移住者との込んだ位階まで用意されていて、
田舎暮らしを前提としたツアーとして充実しているようです。

とくに五島市のサイトは、田舎暮らしに必要な
仕事、不動産、移住者の体験談などが、見やすくまとまっていて
お薦めです。

五島市hp

■実施期間 平成20年2月8日(金)〜平成20年2月11日
     【3泊4日】
■申込締切 平成20年1月31日(木)
 
■問い合わせ先 五島市役所 企画課 企画係
        川端・本岡
TEL 0959−72−6119
FAX 0959−74−1994
http://www.city.goto.nagasaki.jp/pc/policy/index33_01_10.html
15:23 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007.11.06

屋久島に移住

世界遺産の屋久島で、田舎暮らしが出来たら、
すごいですよね。植物、昆虫、動物に興味があるなら、ここは
一生のライフワークが見つかるところになりそうです。

☆☆☆

世界自然遺産の島で暮らしませんか! 屋久島ってどんなところか知りたい方、長期滞在や定住を考えている方、ぜひご参加ください。

第3回セミナー・食材会 11月17日(土) 募集中!
 千代田区九段上集会室  講師プロフィール  パンフレット


第4回体験ツアー 2008年1月12日〜14日
 屋久島現地日程  

屋久島現地にて、町営団地と島内不動産各社の住宅・土地物件見学、
移住相談会、地元交流会、イソモン採・ポンカン狩・
菜園体験・島の郷土料理体験、その他リラクゼーション・
カヌー体験などを予定

パンフレット  お申込はお早めに!


詳しくは緑の風 屋久島移住支援コミュニティ

タグ:田舎暮らし
13:51 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007.10.19

田舎暮らし体験ツアー★長崎

田舎暮らし体験ツアーは、まっさかりですね。
テレビの影響もあってか、みんな普通に興味を持っているようです。

そんな中またひとつ体験ツアーが企画されました。
この「田舎暮らし体験ツアー」の特徴は
 田舎暮らし体験ツアーは、体験型観光の要素に、
移住者との懇談や生活インフラ(空き家、病院、商店など)の
見学など、住むという視点を加えている点だそうです。
----------------------------
「田舎暮らし体験ツアー」の参加者を募集ー長崎県平戸市−

長崎県平戸市は、九州西北端の海に囲まれたまちで、
西海国立公園の北の玄関口として年間百数十万人もの人が
訪れる観光地。
団塊の世代をはじめとする都市生活者の移住を促進するため、
同市への移住に関心がある方々のために、
平戸を「見て・感じて・知る」ことができる
「田舎暮らし体験ツアー」を開催!

■ツアースケジュール
  11月22日(木)13:30 市役所玄関前(現地集合)
                  オリエンテーション
                  生活関連施設案内

  11月23日(金)午 前  平戸海洋クルージング
            午 後  平戸史跡巡り 〜港まちさるく〜

  11月24日(土)午 前  漁師体験
            午 後  教会群散策
                  移住者との意見交換会

  11月25日(日)午 前  ウェルカムガイドによるガイド育成講座
           10:30   解散(希望者には定住個別相談)


★★申し込み詳細
08:11 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007.10.12

田舎暮らし体験をリゾートホテルで!

田舎暮らし滞在にもいろいろなスタイルがあってもよいはず。
一般的には、古民家や、個人の戸建てですが、
香川県高松市塩江町では、廃屋になっていた高級リゾートホテルを
二億円かけて改装!
「セカンドステージ」として来春オープンすることにしました。
周辺に田畑や工房を整備し、自由気ままな田舎暮らしを提案。
「第二の人生の活力をここで養ってもらえれば」
というくらい、リゾート感覚を味わうことが出来そうです!

四国新聞社
14:38 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007.10.03

田舎暮らし 上越

上越で田舎暮らし体験ツアー

都会のバケツ稲も収穫のときを迎えています・・・。

実際の稲刈りは、想像以上に大変です。

にいがた田舎暮らし体験レポート2007秋はこちら
http://www.niigata-inaka.net/report/20070922_740.htm

海山ともの田舎暮らし体験をした小西さんも現実は難しそうだと、
語られています。クリアしなければならないことも多いのが
現状ですね。

以下新潟日報より引用-----

上越市の魅力を知り、移住を考えるきっかけにしてほしいと
同市柿崎区で23、24の両日、田舎暮らし体験ツアー「海の旅」
(同市など主催)が開かれた。1泊2日の行程に、
首都圏や長野県などから6人が参加、刺し網で捕ったばかりの
ワタリガニで浜汁を作ったり、地元の祭りを見学したりして
海辺の生活を体感した。

 ツアーは、2005年に始まった。「海の旅」は今回が初めての企画。
24日は、早朝から漁船に乗り込み、刺し網漁を見学。その後、
陸に上がって浜汁を作った。カニをぶつ切りにして大鍋で豪快に
煮込んだ浜汁を、参加者はおいしそうにすすっていた。

 また、22、23日には同市安塚区などで「山の旅」も開かれ、
稲刈りやちまき作りを体験した。

 横浜市から山、海両方の旅に参加した、無職小西譲司さん(71)は
「棚田での稲刈り、朝4時半に起きての乗船体験が印象深い。
田舎暮らしも魅力的だが、車なしでは住めず、年齢的に移住は難しい」と話していた。

新潟日報2007年9月25日


08:18 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007.09.04

田舎暮らし体験!「緑のふるさと協力隊」参加者募集★

★一年間の田舎暮らし体験!「緑のふるさと協力隊」参加者募集★

◇農山村へ憧れを抱く若者を
地域活性化に取り組む全国の自治体へ一年間派遣します。
地域ごとの特徴ある活動を通じて、田舎暮らしの楽しさや厳しさを
肌で感じながら夢の実現を志す若者を応援します。

◇田舎に暮らしたいけどいきなり移住は…とためらっている人や、
何か新しいことにチャレンジしたいという人、日本の田舎を元気に
したいと思っている人、チャレンジしてみませんか?


■活動のシステム■
【期間】 2008年4月からの1年間
【派遣場所】 全国の約30町村の中から1町村で活動
【参加費】 3万円
【経費】 毎月生活費として5万円と水道光熱費支給。
     隊員の住居は受入れ自治体が用意します。
【活動内容】 ・農林業の手伝い・観光関係(グリーンツーリズム、
        観光施設など)・特産品づくり・福祉関係・
        地域おこし(お祭り、イベントの企画準備)など
【後援】 農林水産省・内閣府・総務省・文部科学省・全国町村会 
       ほか
【募集定員】 50名(18歳〜40歳の男女。書類選考、
        面接選考後、参加が決定します。)
【申し込み】 地球緑化センターまで

続きを読む
タグ:田舎暮らし
17:02 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎体験 | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。